お通じ対策

牛肉の入ったキャットフードのメリット

元来肉食動物である猫にとって、お肉は欠かせない食材の一つです。
特に牛肉は鉄分が豊富な食材として有名で、実は貧血になりやすい猫にも適した食材といえます。

牛肉や豚肉など、「肉」に含まれている動物性タンパク質は、必須アミノ酸が含まれています。
必須アミノ酸は体内で生成することが出来ない物質のため、食事からとる必要があります。
牛肉の入ったキャットフードのメリットの一つとして、必須アミノ酸を効率よく摂取できるという事が挙げられます。
必須アミノ酸は猫の体の免疫力を強くしてくれる働きがあります。
病気などへの抵抗力が強くなり、体の修復にも役立ちます。
牛肉には不飽和脂肪酸である、オレイン酸が配合されています。
オレイン酸は生活習慣病の予防を期待されている成分の一つで、熱にも強いため加工されたキャットフードでも摂取できる栄養といえます。

牛肉に、人間にとっても貧血予防に有名な物質である、鉄分が多く含まれてます。
牛肉に含まれているヘム鉄は、ホウレンソウなどの植物に含まれている非ヘム鉄よりも体に吸収されやすい鉄分なので、貧血予防に効果的です。

アミノ酸の一種であるタウリンも牛肉には含まれています。
肝臓の機能に働きかけてくれるタウリンは、栄養ドリンクなどにも使われてるように、元気の源にもなります。
これらの有効成分がキャットフードに含まれていると、猫も元気に過ごすことができます。
人気のキャットフードは牛肉が入っていることが多いです。