お通じ対策

キャットフードの食事療法

猫がかかりやすい病気の一つに尿路結石があります。
再発しやすい事も特徴の一つで、食事や水分量に気を付けてあげる必要があります。

尿路結石に適したキャットフードは、どのようなものがあるのでしょうか。
尿路結石と一口に言っても、タイプが主に二種類あるのです。
子猫から成猫にかけてマグネシウムの多いキャットフードを与えてしまうと、それが原因で尿がアルカリ性になり、マグネシウムが結晶化しやすくなり結石になります。
また、7歳以降の高齢の猫には、カルシウムが原因になる結石が多いです。
年齢に合わせたキャットフードを選択することが予防にもつながります。
結石になってしまった場合には、医師の診断に基づいて、pHコントロールができるキャットフードに変更する必要があります。

特に高齢の猫は、体の機能が老化と共に衰えていくのです。
腎臓の機能は一度悪くなると回復しません。
尿が出なくなると、死に直結してしまう可能性も否定できません。
バランスの取れた食事とたっぷりの水分を与える事が、猫の健康を保つことには必要です。
腎臓病になってしまった場合にも、それ以上悪化することの無いように、継続した食事療法や治療が大切といえます。

キャットフードおすすめランキングも参考にしてみましょう。